光脱毛の仕組み

多くの脱毛サロンで行っている脱毛方法が光脱毛ですが、どのような仕組みでムダ毛を処理しているのでしょうか。光脱毛には、IPL脱毛とSSC脱毛があります。

IPL脱毛は黒い色素に反応する波長の光を利用した方法です。光を照射すると毛の色に反応し、毛が熱のエネルギーを吸収します。熱で毛根にダメージを与えて脱毛を促します。肌を保護したり脱毛効果を高めるために、ジェルを肌に塗ってから光を照射することが一般的です。

医療機関で行われているレーザー脱毛も熱のダメージを利用していますが、IPL脱毛とは出力が違います。レーザー脱毛は出力が高いため、やけどをしたり赤みがでる心配がありますが、IPL脱毛は出力が低いため、やけどをしたり赤みがでる心配が少ないです。

SSC脱毛はジェルとクリプトンライトというライトの力を利用した方法です。SSC脱毛に使用するジェルには、抑毛成分が配合されています。脱毛サロンによっては、美容成分も配合されていて美肌効果が期待できます。ジェルを肌に塗ってその上から光を照射すると、ジェルに含まれる成分が肌に浸透をします。ジェルと光の力で抑毛をします。繰り返すことで毛が細く目立ちにくくなります。肌の負担が少ないので、痛みが少ないことが特徴です。